不動産投資のはてなを解決

不動産投資のはてなやお悩みを解決!不動産投資の裏側を暴露!

スルガ銀行と新生銀行が資本・業務提携、りそなは撤退し、ノジマ・SBIに金融庁から待ったで新生に?

どうも不動産職人です。

ãã¹ã«ã¬éè¡ æ°çãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

昨日のツイッター上でも結構リツイートされてたニュースですが、スルガ銀行が再建に向けて新生銀行と業務提携。 

ただ、色々書かれてますが、新生銀行自体もこれまで他行と業務提携しようとして上手くいかなかった銀行で、何と言っても新生銀は「今や公的資金を返済できていない唯一の銀行」。

スルガ銀行がレオパの物件にも融資をしていることが問題になり、りそなが撤退し、引き受け手の無いところ金融庁に恩を売る理由で新生銀行が手を挙げたのではないかと言われてます。

不正融資で経営難のスルガ銀行を新生銀行が救済する裏事情 (2019年5月14日) - エキサイトニュース

私としては、結果はどうあれ、スルガ銀行の不動産投資向け融資復活はどういった方向に進むのかが気になっています。

今、投資用向けの融資してくれるところが本当にないんですよねえ。

金融庁が異業種ではなく銀行との提携にこだわったらしい

今回、ノジマ、りそな銀行とSBIホールディングスの戦いだったようですが、りそな銀行がおり、5%株式を持っているノジマ、スルガ銀行ソフトバンク支店を作ったSBIとの一騎打ちに。

スルガ銀の支援先選定、ノジマとSBIの一騎打ちに金融庁が「待った」で混迷

しかし、金融庁があくまで銀行の支援にこだわったことで、引き受け手が中々見つからないなか、「今や公的資金を返済できていない唯一の銀行」である新生銀行が金融庁に恩を売るために手を挙げたのではないかと言われてます。

 

 

 

【広告】

  

 

スルガ銀行は再生するのか

スルガ銀行の不動産投資向け融資が1.7兆あり、そのうち1兆が不適切融資って半分越えてる(笑)これどうやって適切な融資に持ってくんやろか。

1兆円のうち5千億きょうが預金通帳の改ざんなどが明らかな不正行為が見つかったとのことですが、狼さんのコメントからもそんな感じなのかなと。

これからカーテン行きますなどのクソ物件を掴まされ、自身も預金通帳の改ざんによって融資を受けた、多分お金を持ってないであろう人たちが経営難で二進も三進もいかない状態が進むはずです。 

私の体感的にも、仮に5000憶の焦げ付きが出ると考えると恐ろしい限りです。

金利を下げたりリスケしながらなんとか生き延びさせようとするのでしょうが、これからスルガ競売物件が増えることが予想されます。

その中でも良さげな物件を買いたいなと考えている投資家も多いでしょう。

スルガスキームにはめ込まれた方はお気の毒ですが、何とか出口出れるように(と言ってもかなり難しいでしょうが)手を打った方がいいでしょうね。

日経新聞記事より

スルガ銀、新生銀と資本・業務提携へ 不適切融資1兆円規模
【イブニングスクープ】
スルガ銀問題 金融機関
2019/5/13 18:00日本経済新聞 電子版
保存 共有 印刷 その他
経営再建中のスルガ銀行は13日、新生銀行と包括提携する方針を固めた。新生銀から数%の出資を受け入れ、住宅ローンをはじめ個人金融業務を軸に幅広く連携する。新生銀の支援を受けながら、投資用の不動産向け融資をめぐる資料の改ざんなど不正行為で失った信頼の回復をめざす。
一方、スルガ銀が1.7兆円の投資用不動産向け融資を対象に実施した全件調査では書類改ざんなどの不正行為や、不適切な行為が疑われる融資が1兆円規模に達した。このうち5千億円強は、借り入れ希望者の預金通帳の改ざんなど明らかな不正行為が見つかった。

スルガ銀、新生銀は15日にも提携を発表する。スルガ銀は単身女性や外国人ら個人顧客層を独自に開拓してきた。住宅ローンで新生銀の融資要件を満たさない借り入れ希望者をスルガ銀が引き受けるといった連携を想定。グループ内のローン保証業務を新生銀に委託することも検討する。

新生銀も個人向け分野を柱に据えており、提携による相乗効果が期待できると判断した。新生銀はスルガ銀への預金など流動性支援も検討する。資産の証券化や事業承継といった法人金融業務でも幅広く協業を探る。

 

スルガ銀は2018年、賃貸アパート・マンションなど投資用不動産向け融資で契約書の偽造といった不正行為が発覚。行員が積極的に関わる例も多く、金融庁は18年10月、新規の投資用不動産向け融資を対象に6カ月間の業務停止を命じた。

業務停止期間は4月に終わったが、金融庁やスルガ銀の経営陣は信用補完もにらんで提携先を探してきた。新生銀との提携は「排他的」なものではなく、スルガ銀は今後も他の陣営と提携したり、出資を受け入れたりする可能性がある。

すでにスルガ銀株の5%弱を取得している家電量販大手のノジマとの間でも、スマートフォン(スマホ)決済などで連携の可能性を模索する。スルガ銀はこのほか、りそなホールディングスやSBIホールディングスとも提携交渉を進めてきたが、りそなはすでに交渉から撤退した。 

 

 ・

 

【広告】